銀河のマヤツォルキン260日の最後の13日間「黄色い星」

高次元エネルギーマトリクス
銀河のマヤツォルキンでは、今日からまた新たな13日間の波が始まりました。


西暦のカレンダーでは、昨日から
12月~!!1年間の、最後のひと月かー!

と、思われた方が、この地球上での大半かと。


365日の人工的なリズムでは、そうですが、
260日で展開する銀河のマヤツォルキンでは、

最後の変容、展開の13 日間「青い鷲」の振動を経て、いよいよクライマックス「黄色い星」の13日間が展開してゆきます。


昨日までと、今日からは、ガラリとかわる
エネルギーの変わり目を感じて見てくださいね。

いかがな「黄色い星」の1日を過ごされましたでしょうか?


本日2020年12月2日は、
銀河のマヤカレンダーでは、
KIN248「1(磁気)黄色い星-黄色い星」

銀河の音①
・全てのテーマが動き出す
・決定の力が働く

黄色い星
・強く形にしようとする
・美しくバランスを取ろうとする




2020年12/2(水)KIN248~2020年12/14(月)KIN260まで
「黄色い星」のエネルギーが続きます!

※こちらに記載しております解釈は、
ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を基にした、あすわオリジナル解釈です。
あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。


 
今回の260日銀河スピンが始まったのは、
西暦ののカレンダーでは、3月30日でした。

この日からKIN1が始まり、
今日は、248日目。

今回の260日に及ぶ航海も、
残すところ13日間となりました。

この13日間のなかで、これまでの様々に起きた出来事、また、その中で、色々推移して来た気持ちの変化など、

振り返ってみると、見えてくる事、
気づく事など
個々人中で去来する事があるかと思います。

これからの13日間のなかで見えてくる事は、
12月15日から新たに始まること、取り組んでゆく事のテーマ課題になる事かもしれませんね。


これから、世界は、地球時間では、
師走や、年末と言われる何かと慌ただしい時期を迎えます。

コロナ禍で、昨年の今頃を思い浮かべると、

2020年の今、随分様相が変わってゆきそうな静かな、自粛モードの年の瀬を迎えることになるのでしょうかねぇー。

とはいえ、何かと気忙しい、イベント事や、
行事も多くなる時期です。

西暦のカレンダーのリズム12対60の波長に意識を向けすぎてしまわれませんように。

宇宙のリズム、13対20の愛と光の周波数を意識的に意識することに努めながら、
毎日を、happyに、ご機嫌に、

明るく、ワクワク

波動を下げる事なく、
過ごしてゆけると、いいですね。

12月13日(日曜日)は、明石駅すぐ cnnectさん
イベコネ 11時~16時


12月19日は、淡路へカレンダーの使い方意識の仕方のおはなしをさせて頂きにいきますー。
コゾラカフェ 15時~16時


12月24日は、cafeクロトさんマヤ鑑定会
(年内最後)
ご予約可能時間は、
17時30分~19時30分の時間帯です。


タイミングあえば、いらして下さいね。

では、ステキな銀河ライフを!

KU-KOでした。

▼メルマガ登録はこちらから
mail@r.kukomaya.com

2020年12月2日